スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

中国茶のたのしみ ?

2011.10.09(18:02)
秋になると温かいお茶が美味しい季節ですよね。
紅茶でアフタヌーンティーを楽しんでいましたが・・・
今回は友達に誘われて「中国茶」を楽しみに行ってきました。

中国茶のたのしみ「秋風清香」
~茶藝師のよる茶藝披露と茶席~
古川美術館 分館 為三郎記念館

閑静な住宅街の中にある「古川美術館 分館 為三郎記念館」の
庭園 ひのき舞台がつくられていて
すごくさわやかな秋の晴天の中外で行われました。

「秋風清香」 茶席


館内にて

栄にある人気レストラン「茗圃」の茶藝師による茶藝を披露し
中国茶とお菓子を頂くという趣旨の宴


う~ん・・・。
ごめんなさい・・・・。
勉強不足のゆんではただただぼぉ~としているうちに
宴は終わってしまった。

せっかくの茶藝なんだけど・・・
私の席、客の背中でまったく茶藝師の動作が見えないの<涙

中国語で紹介と日本語で解説をしてくれるんだけど
何をやってるかは(見えないから)わかんない <おい!

2回茶藝を披露してくれるんだけど
我慢しきれずに友達が言い放った。
主催者の人に
「すいません!まったく見えないので席を立ってもいいですか?」

ゆんに
「ほら!ゆんちゃん。見えないでしょ?立って!立って!」

あのぉ・・・
お茶会でみんなが座っている中、
立ち上げってるっていう姿を想像してみて?
結構間抜けな絵柄でしょ?
でも・・
ちょっぴり見られてよかった。


今回はなんか今回の茶藝師の先生が中国からいらっしゃったらしく
その方(葉先生)も一緒にいらっしゃいました。


宴が中締めをする頃、質問を受け付けるんだけど・・・

わたし、一体なにを質問していいのか
それ自体わかりません。

中には煎茶を勉強していらっしゃる方がいらして
積極的に質問したり、先生や茶器の写真を撮ったりしてたけど


劣等感いっぱいの引っ込み思案のゆんは・・・
後ずさりするのみ <滝汗
 


今回私が覚えてきたことは・・・
中国茶を飲む指は人さし指と中指と薬指。
それだけ! <オイオイ!

今回飲んだお茶は「鉄観音」 「大紅袍(だいこうほう)」

しかしこの私、「大紅袍」が「幻の岩茶」と呼ばれ武夷山岩茶の最高峰であることを知ったのは
帰宅してネットで調べてからの事である。


やっぱちゃんと勉強してから
何事も望まないとダメだね。

景徳鎮の器の良さもわかんない<汗。


でも、また機会があったら・・・
今度は心からお茶が楽しめると良いなぁ。

っていうか、社会人として
ある程度のマナーや常識を身につけておきたいなって
身にしみて感じました<汗



スポンサーサイト

<<先週のできごと | ホームへ | なばなの里 「コスモス・ダリア」>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yunchan123.blog21.fc2.com/tb.php/1255-c03f9a62
| ホームへ |
プロフィール

ゆんちゃん

Author:ゆんちゃん
9月12日生まれ/おとめ座
猫1匹/『ぐんちゃん』
お星さまになった猫2匹/『にゃーにゃ』『びー』

ゆんのHPです

ゆんのBBS

最近の記事
コメント

カテゴリー
月別アーカイブ

リンク
全ての記事を表示
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。